〒236-0042
横浜市金沢区釜利谷東2-2-18 テルザ金沢文庫2階

TEL 045-782-6660

横浜市金沢区の金沢文庫駅徒歩2分

肛門疾患・痔の日帰り手術

肛門外科

肛門疾患について

横浜市金沢区の
金沢文庫消化器クリニック

院長 大田 貢由(おおたみつよし)

金沢文庫消化器クリニック院長 大田 貢由

肛門疾患、痔について、専門医である横浜市金沢区の金沢文庫消化器クリニック 院長がわかりやすく解説します。
肛門科の検査でわかる事、検査が必要な人、痔の種類、治療法、日帰り手術の流れ、費用等について詳しく解説します。

痔とは

「肛門科について」金沢文庫消化器クリニック院長 大田 貢由

肛門疾患は内外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)、痔ろう から肛門がんまで、多彩です。肛門を日常的に見ることはないので、肛門からの出血や肛門痛、かゆみ、違和感など、様々な肛門周囲の自覚症状で気づくことがほとんどです。肛門疾患は前述のように多彩で、正確な診断が難しいため、専門医の診察が必要です。

肛門科の検査でわかること

肛門は体表から近いので専門医であれば、視診(見て診断すること)や触診(触って診断すること)で診断が可能な場合がほとんどです。複雑な検査が不要で苦痛もあまり伴わないので、ためらわずに診察を受けることをおすすめします。
ただし、排便時の出血は大腸がんとの鑑別が必要になることがあるので、大腸内視鏡検査をおすすめすることがあります。

肛門鏡

肛門鏡

肛門外科

痔の種類

代表的な肛門疾患には、痔があります。ただし、痔はその種類も程度も非常に多彩です。恥ずかしがって放置すると、悪化して治療が困難になることがあります。また、大腸癌などが隠れていることもあるので、肛門周囲の不具合を痔だからと早合点せず、なるべく専門医の診断を受けるようにしましょう。

以下のサイトが参考になります。

人に言えない痔の悩みに! い~じ~net

痔には3つのタイプがある い~じ~net

痔核(じかく、いぼ痔)

痔の中で最も多いタイプです。一般的には”いぼ痔”と呼ばれ、歯状線より上(直腸)にできたものを内痔核、下(肛門)にできたものを外痔核と呼びます。内痔核の場合は通常は痛みがなく、出血や排便時(ひどくなると安静時)に脱出といった症状がでます。外痔核は内痔核を伴っていることが多く、肛門皮膚に及ぶため自身で腫れを触ることができ、痛みを伴うこと(血栓性外痔核)が多いのが特徴です。

裂肛(れっこう、切れ痔)

裂肛(切れ痔)は、肛門から近い部分、肛門上皮が切れて裂けた状態をいいます。若い女性に多く見られ、痛みや出血が主な症状ですが、繰り返すことで肛門の変形(見張りイボや肛門ポリープ)や狭窄をきたすことがあります。頑固な便秘や頻回の下痢など、排便習慣の問題が背景にあることがほとんどなので、切れ痔の治療だけでなく、排便習慣の改善が必要になります。

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)、痔瘻(じろう)

肛門の周囲に感染がおこり、膿がたまった状態を肛門周囲膿瘍といいます。激しい疼痛や熱感、発熱が特徴で、軽度であれば抗生物質の内服で軽快しますが、悪化すると排膿(膿を出すこと)など、外科的処置が必要になります。痔瘻(じろう)は肛門周囲の膿が外に流れ出るトンネルができてしまった状態で、断続的に膿が肛門周囲からでて、悪臭を伴うこともあります。長期にわたり放置すると痔瘻がんになることがあります。また、クローン病など炎症性腸疾患の症状の一環として現れることがあります。治療には手術が必須です。

痔の治療法

痔の治療には保存治療と外科的治療があります。

治療法について知ろう!

肛門の機能をなるべく温存するという点から、程度が軽いうちは保存治療を選択するのが望ましいのですが、保存治療で効果がない場合や、程度がひどい場合などでは外科的治療が必要になります。

保存療法で効果がなければ、外科的療法を

いぼ痔に対する低侵襲手術(日帰り手術)について

いぼ痔に対する外科的治療には様々ありますが、もっとも代表的なものは、結紮切除術です。これは痔核を切除するもので最も根治性が高くなりますが、侵襲も大きく、多くの場合入院(約5-7日程度)が必要になります。一方、痔核を切除せず、薬を注入し痔核を退縮させる治療があります。この治療は切除に比べ低侵襲で術後出血の危険も少ないため、日帰り手術で行えるという利点があります。

ALTA療法について

硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸水溶液(Aluminum Potassium Sulfate・Tannic Acid)を2%に希釈して用います。痔核へ速効性の血流遮断作用を有し、止血効果と痔核の縮小効果がみられ、さらに痔核間質組織に無菌性炎症反応を惹起させ線維化を起こすことにより痔核の硬化・退縮および固着させて痔核の脱出を消失させる効果があります。ALTA(アルタ)は脱出する痔核に対して初めて効能・効果を有する注射薬であり、痔核の治療法を“手術で切除”から“注射で退縮”に変えていく可能性をもった新しい低侵襲治療法といえます。ただし、すべての痔核に適応があるわけではありません。大きな痔核に対しては必要な薬液の量が多くなるので、リスクが高くなり、効果が低下します。

脱出する痔核に対する硬化療法

横浜市金沢区の金沢文庫消化器クリニック肛門科の特色

金沢文庫消化器クリニック

専門医による治療

専門医による治療をおこないます。ALTA療法内痔核硬化療法剤ジオン(ALTA)注は、投与手技の難易度と合併症回避の観点から、使用に際し「肛門領域に精通した医師」で、なおかつ注射手技講習会の受講が当局の指導により義務づけられています。いぼ痔の手術は手技も大事ですが、大きさ、場所、数、性状を考慮し、最適化した治療を”デザイン”することがとても重要になります。

日帰り手術

金沢文庫消化器クリニック肛門科では、いぼ痔に対するALTA療法を始めとして、様々な肛門疾患に対して日帰り治療をおこなっています。ただし、すべての疾患で日帰り治療がおこなえるわけではないので、適応外と判断した場合には、連携医療機関にご紹介させていただきます。

ALTA療法の流れ

検査前日


眠前に下剤を内服していただきます。

検査当日の朝

お昼ご飯は食べないでください。検査前に座薬の下剤を使用します。

クリニック来院

受付をしていただきます。保険証をお忘れなく。

ALTA療法

手術前に鎮静剤の投与を行います。手術時間は10-15分程度で、鎮静剤の使用でウトウトした状態で楽に終わります。 
検査後はリカバリー ルームで検査前の状態に回復するまでお休み頂きます。

結果説明

お目覚めの後、診察室で術後の診察、手術の詳細のご説明をします。
組織検査をした場合は約1週間後に診察にいらしていただきます。

手術翌日

術後の経過を観察するために来院していただきます。

ALTA療法の費用

かかる費用の合計の目安としては、3割負担で、
事前診察時 3000円程度
ALTA療法のみの場合は、2万円程度
ALTA療法+切除術の場合は、2.5万円程度
になります。

金沢文庫消化器クリニック_待合室

金沢文庫消化器クリニックへの
お問い合わせ/ご予約

TEL:045-782-6660

よくある質問(Q&A)

大腸内視鏡検査 検索ユーザー
大腸内視鏡検査 検索ユーザー

Googleでよく検索されている質問にお答えします。

Q:痔は何科に行けばいいの?

A:痔の治療は肛門内科・肛門外科で行います。
前述のように、専門機関では多くの肛門疾患は視診と触診で診断が可能です。
ためらわずに受診することをお勧めします。

Q:肛門の診察は恥ずかしいです。

A:診察は個人のプライバシーに配慮しておこなわれます。右下側臥位でおこない、本人が直接診察カ所を見ることもありません。疾患によっては診察の痛みが伴うことがありますが、自発痛を超えて極端な痛みになることはまれです。安心してください。

Q:保険適用 について

A:保険診療は、”何からの症状があって、医師がその症状に対して診察、診断をおこない、治療が必要と判断した場合”におこなうことが可能です。このため、医師の診察が必須です。当クリニックでは痔疾患の治療はすべて保険適応範囲内でおこなっており、自由診療はおこなっておりません。

金沢文庫消化器クリニック_待合室

金沢文庫消化器クリニックへのお問い合わせ

TEL:045-782-6660

TEL 045-782-6660

金沢文庫消化器クリニック
横浜市金沢区釜利谷東2-2-18 テルザ金沢文庫2階

予約はこちらへ